カロリーゲット

六道

03-3478-3468

営業時間 【月~土・祝前】11:00~24:00(L.O.23:00)【日・祝】11:00~23:30(L.O.22:30)  なし定休

  • ディナー

ピン六本木

  • 和食
  • 仲間とワイワイ!楽しく食べよう!

香ばしい「焼き」とさっぱりした「蒸し」の二通りの調理法で味わえる巻き串は食べて損なし!
色んな料理が楽しめるコースはおすすめです!

Report

こだわり味噌汁に度肝を抜かれる!丁寧な仕事ですねぇ・・

六本木の象徴といえば「六本木ヒルズ」。
昔はヒルズ族なんて呼ばれ、お金持ちの住む憧れの場所として認知されている場所だ。

そんなヒルズでご飯、なんていうと、「高そうだ・・・」というイメージが先行しがちだが、もちろん全店が超高級店、というわけではない。(もちろん相場よりは高いと思うが)

今回行ってきたのは六本木ヒルズ メトロハットB2Fにある「六道」というお店。
店名から想像できるように、そう、和食のお店だ。

外国人も多く華やかなイメージのある六本木において和食というのは、我々にとっては逆に行かないジャンルのお店である。

今回も一休よりコース料理を注文。
以下コース内容だ。

【董(スミレ)の宴】乾杯スパークリング&飲み放題付!本日の鮮魚や豚巻串、季節の炊き込みごはんなど(5,000円)

■乾杯スパークリングワイン お一人様1杯付
■釜揚げしらすのぱりぱりレタスサラダ
■本日の鮮魚
■奥久慈卵の出汁巻き玉子
■しあわせバターのこぼれポテト
■創作豚巻き串1種
■野菜豚巻き串2種(焼・蒸)
■江戸前天ぷら串2種
■豆富の揚げ出し
■スチームビーフ わさデミ仕立て
■季節の炊き込みごはん
■西京味噌仕立てのこだわり味噌汁
■季節のシャーベット

見よ、このボリューム!
しかもこれに飲み放題がつくんです。

「ヒルズだし、この値段で飲み放題ついたら料理は微妙かなぁ」
とか思ったのですが、いい意味でその考えを裏切られることに・・。


早速料理がどんどん運ばれてくる。

ん・・・??

意外と(?)一品一品の量が多いぞ・・。
これは思いもよらぬ誤算・・。

やはりウリである旬の新鮮な野菜を国産銘柄豚で巻いた巻き串はうまい。
「焼き」「蒸し」の二通りの調理法で味わえるというのも伊達じゃない。

そのほかの料理も全部美味しい。
和食ならではの繊細な味わいがあり、なんだか体に良さそうな気がする。

そんな絶品料理の中でも、特に美味しかったのが「西京味噌仕立てのこだわり味噌汁」

な、なんだこれはぁぁぁぁ

まるで・・・スープを飲んでいるかのような濃厚さ。
でももちろんスープじゃない。味噌汁なんだ。

これぞ和食の真髄・・・。
全ての料理が美味しかったのだが、この味噌汁が全ての印象を持って行ってしまった。
それくらいインパクトのある味噌汁だ。

少なくとも、私が普段飲む味噌汁とは次元が違う。

マジでうまい。

そういえば和食店ながら外国人店員が多い光景もすっかり慣れた。
六本木という土地柄もあるからか、日本もグローバルな感じになってきてすごくいい。
もっと和食の良さを世界中の人に知ってもらいたいものだ。

今回の飲み放題メニューはこちら。

【飲み放題メニュー】
・エビスビール
・グラスワイン赤/白
・ウィスキー
・焼酎各種
・梅酒
・ウーロンハイ
・緑茶ハイ
・カクテル各種
・ソフトドリンク各種


料理に合うお酒を考えるのもとても楽しい。
コースはボリュームもあり色々な料理を楽しめておすすめだ。

総合評価★★★★★
  • ★★★★★
  • カロリー★★★★☆
  • コスパ★★★★☆
  • 接客★★★★☆
  • アクセス★★★☆☆
  • メニューの種類★★★★☆
  • お酒★★★☆☆
  • インスタ映え★★★★☆

味噌汁は忘れられない。

この記事を書いた人

雷イラスト

食の伝道師 : 仲ポックル

好きな言葉は「大盛り無料」「食べ飲み放題」「おかわり自由。」
おいしい食べ物を求めて日々街を徘徊している。
意識はしていないが、好きな食べ物は自然と高カロリーのものが多く、食事している時間は何よりのハッピータイム。
庶民派の舌を持ちつつ、高級料理にも目がない食のオールラウンダー。
基本なんでも美味しいと感じるが、まずいものはまずいとはっきり言う。

この記事を書いた人

雷イラスト

食の伝道師 : 仲ポックル

好きな言葉は「大盛り無料」「食べ飲み放題」「おかわり自由。」
おいしい食べ物を求めて日々街を徘徊している。
意識はしていないが、好きな食べ物は自然と高カロリーのものが多く、食事している時間は何よりのハッピータイム。
庶民派の舌を持ちつつ、高級料理にも目がない食のオールラウンダー。
基本なんでも美味しいと感じるが、まずいものはまずいとはっきり言う。

Menu