カロリーゲット

マーサーブランチ

03-3470-6551

営業時間 [平日] 10:00~15:30、18:00~23:00 [週末] 09:00~17:00、 17:00~23:30(L.O.22:30)  なし定休

  • ランチ

ピン六本木

  • カフェ
  • 本音で語る女子会に最適!

六本木の喧騒から少し離れたオシャレ空間。
フレンチトーストはここでしか食べれない絶品メニュー。

Report

 

六本木交差点から歩くこと約5分。
ミッドタウンも近く、落ち着いた雰囲気の街並みの中にある「マーサーブランチ」
テラス席もあるが、優雅な方々が楽しそうに談笑している姿が目につく。
そう、なんとも落ち着いた、大人の休日といった雰囲気のお店なのだ。

こちらは絶品のフレンチトーストが食べられるということもあり、お店のお客さんのほとんどが女性客。
そしてカップルというよりも女性だけのグループ、いわゆる女子会のような雰囲気だ。

そのため男子勢は若干肩身が狭いが気にしない。
ちっちゃな事は気にするなとあの芸人さんも言っていたじゃないか。

もちろん我々の目的もフレンチトースト。
このただでさえハードルが高い六本木で、どれほどのフレンチトーストを出してくるのか。

ということで、早速メニューを見て注文。
・・・といきたいところなのだが、メニューがまたオシャレだ。
横文字のメニューが多く、且つ写真がないのでイメージができないものもしばしば。

そんな中今回は、「Brioche French Toast Brunch」というフレンチトーストが2枚ついているセットを頼むことにした。

ちなみにお値段は1,700円
ランチにしても、ティーにしても中々いいお値段だろう。

ということで今回頼んだのは、
「サーモンのタルタルとアボカドとポーチドエッグ ディルソース」
「Staub鍋 挽肉とナスのトマト煮込み」


サーモンとタルタル、アボカドであれば間違いはないだろう。
そしてナスとトマトも鉄板だ。

とはいえ、今回の目的は「フレンチトースト」。主役はフレンチトーストだ。
いったいどんなフレンチトーストが出てくるのだろう。
楽しみすぎる。

しばらくして料理が運ばれてきた。
もちろんフレンチトーストもだ。

見た目は一般的なフレンチトーストとさほど変わらない。
とはいえ、最高に美味しそうだ。
早速ナイフを入れる。

おぉ、ふわふわだ。
ほのかに甘い香りもたまらない。
せかすように口に運ぶ。

・・・

んん!!うまい!!
外は程よくカリカリ、そして中はなんとも濃厚なプリンのような味わいだ。
濃厚で美味しい。しかし、しつこい甘さでもない。
これは女子が喜ぶのも頷ける。

当然ながら、お客さんのほとんどはこのフレンチトーストを頼んでいる。
やはりここにきたら必ず食べて欲しい一品だ。

この料理とフレンチトーストがセットになった「Brioche French Toast Brunch」は、1,700円ということもあり「ちょっと高いな・・・」と思っていたが、食べてみると全く高い感じはしない。
それくらい満足できるのだ。

フレンチトーストだけだと飽きてしまうかもしれないし、普通の料理だけだと甘いものが欲しくなるかもしれないので、ちょうどいい塩梅のメニューだと思う。

特に休日の昼時は行列必須だが、六本木の中心地から少し離れた落ち着いた雰囲気の中、優雅な時間を過ごしてみてはいかがだろうか?

総合評価★★★★☆
  • ★★★★★
  • カロリー★★★★☆
  • コスパ★★★☆☆
  • 接客★★★★☆
  • アクセス★★★☆☆
  • メニューの種類★★★☆☆
  • インスタ映え★★★★☆

六本木でオシャレな休日を

この記事を書いた人

雷イラスト

食の伝道師 : 仲ポックル

好きな言葉は「大盛り無料」「食べ飲み放題」「おかわり自由。」
おいしい食べ物を求めて日々街を徘徊している。
意識はしていないが、好きな食べ物は自然と高カロリーのものが多く、食事している時間は何よりのハッピータイム。
基本的にはなんでもおいしいと感じるバカ舌。みんなのツッコミ役。

この記事を書いた人

雷イラスト

食の伝道師 : 仲ポックル

好きな言葉は「大盛り無料」「食べ飲み放題」「おかわり自由。」
おいしい食べ物を求めて日々街を徘徊している。
意識はしていないが、好きな食べ物は自然と高カロリーのものが多く、食事している時間は何よりのハッピータイム。
基本的にはなんでもおいしいと感じるバカ舌。みんなのツッコミ役。

Menu